img_02

会計ソフトでビジネスが加速します

会計ソフトを購入することで得られるメリットは、かなり多いです。

市場に出回っている表計算ソフトでは、仕分けから貸借対照表とか損益計算書等の決算書の作成までをすべて手作業でやらなければいけないです。
しかし、会計のソフトウェアを使うことにより、それらの作業のうち、90パーセント以上はプログラムが行うように仕組まれているので、経理処理をするスタッフの負担がかなり減ります。



ということは、わざわざ記帳するだけのアルバイト等のスタッフなら雇わなくてよくなります。

人件費削減にもなるので、会計ソフトを導入することはかなり賢いということができます。しかも、会計のソフトウェアは有料の製品ももちろんありますが、ほとんどすべての機能を無料で使えるようにしている会社が日本にはかなり多いです。

教えて!gooをご紹介します。

また、顧問をしている税理士や公認会計士と同じ会計ソフトを使うことにより、3社間で会計に関するデータをシェアできるので、コミュニケーションが取りやすくなるし、3社それぞれの仕事の効率と質が上がるようになっています。


パッケージタイプの製品であっても、ダウンロードタイプの製品であっても、税や会計に関する法改正があった場合には、即座に会計ソフトのリリース元が新しいプログラムを作成してテストまで済ませ、その機能を使わせてくれるのです。

タイミングよくそういったケアをしてくれるソフトウェア開発会社が多いので、自分の会社の業務の効率性を考えるなら、会計ソフトは自社に最も適したものを導入した方が良い、と言えます。